仕事外の時間の職場からの電話

私は休みの日や退勤後に職場から電話をもらうことが非常に多いです。
電話の対応だけで十分な場合でもその通話時間分は自由な時間が削られてしまいますし、
その給料はもちろん発生しませんので私個人にとってはこれは大きな損失となっています。
さらに電話対応だけでは不十分だと判断された時には職場にまた行かなければなりません。

 

私自身のミスがこのような電話に繋がっているのであれば、自業自得なのですが、問題はそう単純ではありません。
私以外のものが起こしたトラブルに対する対応を電話で依頼されるのです。
立場上お受けしなければならないのは重々承知しているのですが、私ももちろん人間ですので疲れは溜まりますし、怒りも感じます。
休みが十分にとれないと仕事の昨日も十分に果たせなくなってしまいます。
そのため最近はできるだけ私が口をはさむよりも、周りに解決する能力を持ってもらう為に少しあえて冷たい態度を取ることもしばしばあります。
そうしながら一方で当然私の中に心労は溜まってきます。

 

以前は私が頼られていて、私しか解決できない事態があるということにとても心が躍っていました。
しかし現在は私自身が周りを頼らせすぎたせいで今に至ったのではないかと反省しています。
そのため自分の親切さを押し殺すことはなかなか骨の折れる音ではありますが、
周りに自分たちで解決することを促しながら補助線を引いて見守ると言ったスタンスで関わること少しずつ始めました。

 

効果が出るのは少し先でしょう。それまでの辛抱かなぁと思っています。